札幌事務所ブログ

KUNIYA judicial scrivener corporation Blog

法定相続証明情報制度について(概要編)

 

平成29年5月29日より、全国の法務局において、各種相続手続きに利用することができる「法定相続情報証明制度」がスタートしました。

この制度を利用することで、各種相続手続きの煩雑さを軽減することができます。

これまで銀行預金や不動産を相続するには、相続関係を証明する戸籍謄本一式を手続きの窓口ごとにそれぞれ提出しなければなりませんでした。

すると窓口の数だけ戸籍謄本が必要になったり、戸籍の返却手を各金融機関等にお願いするなど、多くの時間や費用がかかる場合がありました。

そこで相続関係を証明できる戸籍謄本等と相続関係を一覧に表した図(法定相続情報一覧図)を法務局に提出すれば、戸籍情報を記載した証明書を無料で発行することになったのが、この法定相続証明制度です。

この証明書を各手続きの窓口に提出すれば、窓口ごとにたくさんの戸籍謄本を提出する必要はありませんし、窓口から戸籍謄本を返却してもらって、他の窓口で使いまわす必要もありません。

証明書は無料で何通でも取得できますから、手続きに必要な数だけ証明書を取得すれば、同時に相続手続きが進行できます。

特に、銀行預金の相続に加えて、不動産の相続登記が必要な方については、相続登記の手続きのついでに、この証明書を取得することで相続手続きが効率よくスムーズにできます。

煩雑な相続手続きの時間短縮につながる手続きですので、利用してみてはいかがでしょうか。

具体的な手続き等については次回の法定相続証明情報制度について(申出編)でお知らせいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Post Navigation