■高砂 鶴亀 祝い目出度

2週間ほど前のことですが。

週末(土曜日)に、博多祇園山笠で賑わう博多の街で、結婚式の招待され出席した日のことです。
今年、3度目の結婚式。高砂の雛壇に座る新郎新婦はどのカップルも幸せ一杯でした。
お昼の披露宴に出席し、夕方、旧知の友人家族と久しぶりに逢おうとの約束をしていたので、マイファミリーとの合流場所に向かっておりました。
この日は、前日までの大雨を忘れさせるほどの猛暑となっており、2kmほど歩いた体は、汗でびっしょり。
家族との集合時間までもうちょっとあるなぁ。
そこで目に飛び込んできたのは、「鶴亀湯」。銭湯です。
オープンは、PM3:00。ほぼ一番風呂でした。

 

壁絵は、屋号のとおり、鶴と亀。
銭湯は、ミスト効果でマイナスイオンがたっぷりだそうです。
昔ながらの番台のある銭湯で汗を流させて頂くと、本当に生き返った気がしました。

風呂から上がって、程なくファミリーと合流。
友達家族との待ち合わせ場所は、櫛田神社。

 

上川端通りの「動く飾り山」を見物し、お櫛田さんの方へ歩を進めると
法被に締込み姿の兄さんたちがゾワゾワとお櫛田さんに向かって走ってきているのと遭遇。

追い山ならしは明日のはずだけど?と思いながら沿道で見物していると
勇壮な舁き山が登場しました。

 

七番山の大黒流の舁き山です。

後で解ったことですが、この日は「他流舁き」の日で、櫛田入りの練習をしていたそうです。

朝から、「高砂」「鶴亀」「博多祝い唄」とお目出度続きの一日でした。

(by:dad)

カテゴリー: General   パーマリンク

コメントは受け付けていません。